会社概要 -Company Profile-

■会社の称号 有限会社 平成開発設計 代表取締役 石本 了
■所在地

本 社

〒679-2131 兵庫県姫路市香寺町犬飼351番地6
      TEL(079)265-2022 FAX(079)265-2023
E-mail : info@gps-heisei.com URL : http://www.gps-heisei.com/



西播磨支店

〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目7番1号
TEL 0791-59-8245 FAX 0791-59-8246
E-mail : nishiharima@gps-heisei.com

MAP

来社の際のご案内

■創業    平成2年2月21日
平成17年 8月 1日 GNSS測量事業部開設
平成18年 3月 1日 RTK法によるGNSS深浅測量システム導入
平成18年 4月 3日 福崎支店 設置
平成26年 4月 2日 西播磨支店 設置
■営業種目 [測量]     一般測量・GNSS測量・深浅測量・各種台帳
[設計]     道路・河川・砂防・施工計画・農業土木・補償
[補償]     土地調査・物件調査
[調査]     地質調査・土質調査・地盤解析
[開発申請]   宅地・工業用地
■許可番号 測量業/国土交通大臣登録 (5)20552号
■所属 ◆社団法人 日本測量協会 ◆一般財団法人 兵庫県測量設計業協会
■取引銀行 但馬銀行  福崎支店
姫路信用金庫 福崎支店
■従業員数
合計
12名
測量士
5名
測量士補
3名
1級土木施工管理技士
(1名)
2級土木施工管理技士
(1名)
2級造園施工管理技士
(1名)
技術員
2名
事務職員
2名
2級水路測量技術者 (港湾)
(1名)
地籍主任調査員
(2名)

※( )は測量士・測量士補を兼ねる。


主要保有機器
機種
形式
製作会社
所有数
GNSS測量機 ライカGS10   (2周波)×1
ライカGX1230 (2周波)×1
ライカGX1210 (1周波)×3
ライカジオシステムズ株式会社 5台
GNSS測量用ソフトウェア
(解析・計算システム)
GEO OFFICE Ver.8.2.1.2
ELLIPSE NEO Ver.3.5.3.0
ライカジオシステムズ株式会社 1台
RTKGNSS
深浅測量システム
GPMate-ECHO
株式会社アカサカテック 1台
精密音響測深器

PDR-1300、PDR-1300W[単素子型]
PDR-8000S[4素子型]

千本電機株式会社
千本電機株式会社

2台
1台

測量計算CADシステム BLUETREND XA2016 福井コンピューター株式会社 7台
電子納品媒体
作成支援システム
電子納品ツール Ver.13 福井コンピューター株式会社 7台
トータル土木システム
(土量管理・各種測量計算)
フィールドマスターⅡ 株式会社ソキア 1台
デジタル地形測量
システム(電子平板)
BLUETREND フィールド コム 福井コンピューター株式会社 1台
ハンディ観測システム TREND POCKET 福井コンピューター株式会社 1台
トータルステーション FX-105、POWER SET3010 株式会社ソキア 2台
自動追尾機能付
ノンプリズム
トータルステーション
SRX5
SRX5X
SX-105T
株式会社ソキア 3台
電子レベル SDL30 株式会社ソキア 1台
自動レベル B2o 株式会社ソキア 2台
カラーインクジェット iPF780(A0サイズ) キャノン株式会社 1台

測量用ボート

QUINTREX(全長3.28m)

Karamas

1艇

船外機

4サイクルエンジン SUZUKI、HONDA 2台

GNSS測量機(ライカ System1200)


 当社は、ライカジオシステムズ株式会社と提携し、最新のGNSS測量機を用いた測量(スタティック、短縮スタティック、キネマティック)を行なっております。

 平成20年4月1日、測量法第34条で定める「作業規程の準則」の全部の改正により盛り込まれた『RTK法、ネッワーク型RTK法』などあらゆるGNSS観測を可能とし、公共測量並びに応用観測を行なっております。

写真01    写真02

RTK法によるGNSS深浅測量システム・精密音響測深器
R写真01
仮屋漁港 測量調査基本実施設計
R写真04


当社は、株式会社アカサカテックと提携し、リアルタイムGNSS深浅測量を行なっております。
リアルタイムGNSS深浅測量システムは、精密測量用 GNSS のリアルタイム・キネマティック(RTK)※1・ オンザフライ(OTF)による計測値 X / Y / Z と、超音波測深機による測深値とを時刻同期させ、後処理解析なしに、移動側観測点の連続測量をリアルタイムに行い、ノート型パソコン等に三次元デー タを記録・表示するシステムです。
当システムの導入により、自動潮位補正を可能とし、より正確な深浅測量を実施しております。

※1 リアルタイム・キネマティック(RTK)キネマティック法において、固定局と移動局の間にデータ通信システムを介入させることによって、移動局の測位データをリアルタイムに解析処理し、測量船の現在位置をパソコン等に表示するもので、陸上からの誘導を必要としない理想的なシステムである。

R写真02
箕面川ダム堆砂測量
R写真0
香住漁港 防波堤設計業務