深浅測量 -Brthymetric Survey-

深浅測量とは


 深浅測量は、河川、貯水池、湖沼又は海岸において、水底部の地形を明らかにするため、水深、測深位置(船位)及び水位(潮位)を測定し、横断面図を作成する作業をいいます。当社においてはリアルタイムGNSS深浅測量システムの導入により測位位置と音響測深器による測深値とを時刻同期させ、後処理解析なしに、移動側観測点の連続測量をリアルタイムに行い、三次元測量データを記録することが出来ます。当システムの導入により、自動潮位補正を可能とし、より正確な深浅測量を実施しております。


< 海上での測深作業 >                         < 自社測量船による測深作業 >
海上での測深作業


リアルタイムキネマティック法(RTK)とは


 キネマティック法において、固定局と移動局の間にデータ通信システムを介入させることによって、移動局の測位データをリアルタイムに解析処理し、測量船の現在位置をパソコン等に表示するもので、陸上からの誘導を必要としない理想的なシステムです。精度は、水平位置、標高ともに4~5cm程度ですので、潮位測定を省略することができます。


当社の深浅測量システムの特徴


 GNSS測量は、リアルタイムで地球上のどこにいるのかを高精度に計測することができます。 音響測深機は、水面下の深さを計測することができます。 GNSS深浅測量システムは、GNSS観測の位置データと音響測深機の測深データを同期させ、リアルタイムで深浅測量が行なえるシステムです。

図        写真        写真


自動潮位補正



RTK法 では、移動局がFIX の状態であるならば、高さ精度が数cm なので、その高さを基に自動潮位補正を行うことが出来ます。

※DGPS・SGPS 受信機では自動潮位補正を行うことはできません!

 RTK法 は基地局の座標を基にする相対測位なので、基地局で入力された高さを基にして、移動局の高さが求まります。 例えば、基地局と移動局のGNSS アンテナが全く同じ高さにあると仮定すると、 基地局で高さ0m と入力していたら、移動局も高さ0m という結果になります。 ここで、基地局を高さ1m と入力していたら、移動局も高さ1m という結果になります。 RTK法では、基地局で入力された高さを基に移動局の高さが求められるということです


図


 例えば、上図のように、移動局GNSS で計測している場所はアンテナ部[A]です。(ここでは、アンテナ位相中心の高さは考慮しないこととします)現在GNSSの移動局が計測している高さが3mとします。この3mとは、基地局で入力された高さが基準となる3mです。
※ネットワーク型RTK法の場合、基地局は仮想基準点で、移動局で求まる高さは、標高(T.P.)です。GNSSアンテナから水面までの高さをオフセット[B]すれば、現在水面の高さが求まります。
 このオフセット値はシステム側で入力します。ここではオフセット値[B]を2mとすると現在の水面高[C]は1mと求まります。その時、音響測深機が計測した結果[D]が5mであるとすると、潮位補正で求まる0mからの深さ[E]は5mから現在水面高[C]1mを引いた4m(結果は-4m)と求まります。
※DL=TP±○mといった東京湾中等潮位(T.P.)との関係をシステム側でオフセット値として入力することで、地域毎の基準面での測定も可能です。



 座標設定


 設定できる座標系は、旧日本測地系、世界測地系はもちろん、任意のローカル座標にも対応。さらに、世界中の座標系にも対応できます。


 GNSS受信機

 N M E A フォーマット対応なので、メーカーを問わず使用できます。さらにサポートしている機種に関しては、ターミナルなどで設定することなしに、アプリケーションから自動セッアップを行うことが出来ます。


 測深機

 標準で国内メーカーのデジタル出力可能な測深機をサポートしています。デジタル測深記録とともに、アナログ測深記録を習得可能です(水路測量業務準則)。

※千本電機(株)/タマヤ計測システム(株)/(株)カイジョー


 潮位補正

 RTK/OTF 計測では標高/ユーザー設定などの基準面高さから、潮位補正を簡単設定で自動的に行います。


 時刻同期

 GNSS の位置データと音響測深機からの測深データを同期・合成する際、± 2 ミリ秒の高精度な同期を行います。


 自動カット

 測線計測時に設定した任意のピッチで自動的に音響測深機の記録紙にカット線を印字させることが出来ます。さらに測線名、マーク番号も記録紙に印字します。※機種限定


 既知点観測機能(既知点キャリブレーション機能)

 主に海上保安庁のビーコン補正波を使用したD G P S 計測で有効になります。

予め既知の点にGNSS を設置して定点観測を行い、その結果で得られた座標値と既知点の座標値を比較します。その差を自動的にオフセット量として計測することができます。また、既知点観測の結果帳票の出力もできます。


 計測方法

 計測方法は、連続/ 単点計測が可能であり、さらに測線計測、目標点に誘導する逆打ち計測ができます。深浅測量、漁礁の落し込み、旗入れなど様々な使用方法に対応できます。


 読込み機能

 背景図に見取り図/ビットマップ/海岸線データ/DXF( R 1 4 ) を読込み、表示できます。


 音声誘導

 測線計測の際は、左右のズレ量、逆打計測の場合は、目標点の方角などを音声で誘導します。


図


多素子音響測深


 港湾測量や航路測量など密度の高い測深を行なう場合、多素子型音響測深機を装備して船の 直下方向ばかりでなく、斜方向にも音波を発射して海底を探査する測深方式です。この方式は 素子(送受波器)を複数使用することにより、測深線ごとの測深幅(スワス幅)が広くなり、単素子 測深の場合よりも一度に幅広く面的な測深をすることが可能です。

単素子音響測深
図04


多素子音響測深
図05
※図は4素子音響測深

4素子測深器材
4素子測深器材
測量船艤装状況
測量船艤装状況
送受波器設置状況(左舷)
送受波器設置状況(左舷)
送受波器設置状況(右舷)
送受波器設置状況(右舷)
4素子測深作業状況
4素子測深作業状況
4素子測深記録状況
4素子測深記録状況
主な営業範囲

兵庫県・大阪府・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県・三重県・徳島県・香川県・岡山県・広島県・鳥取県